「戦前の吉本を儲けさせたのは末子」~桜川末子・松鶴家千代八

桜川末子・松鶴家千代八

音曲漫才の女性コンビで昭和29年(1954)から昭和49年(1974)まで活動していました。

末子は実家が江洲音頭の音頭取りであったことから自分も幼い頃から少女音頭取りとしてアイドル的な人気を誇っていましたが、大正11年から荒川竹丸とのコンビで漫才をはじめ、昭和13年に桜川花子と日本初の女性コンビとして絶大な人気を博しました。

戦後の昭和29年から千代八とコンビを組み、以後20年間にわたって活躍、70年代の道頓堀角座などでは大トリで連日満員の客入りとなっていました。

桂米朝は「戦前の吉本を儲けさせたのは末子」と絶賛し、弟子たちに舞台を見させていました。

データ

桜川 末子(さくらがわ すえこ) 明治34年(1901)~昭和62年(1987) 享年87
松鶴家千代八(二代目 しょかくや ちよはち) 明治41年(1908)~没年不詳

江州音頭~桜川末子・松鶴家千代八

三ツ節数へ唄~櫻川花子・櫻川末子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です