レッドスネ~ク!カモォ~ン!!~東京コミックショウ

東京コミックショウ

アラブ人風のおじさんが縦笛を吹いて赤・黄・緑の3つのツボからぬいぐるみの蛇を出して芸をさせる「三蛇調教」。

ほとんどいつも同じネタで、なんでおもしろいのかわからないのですけど、何度も見てしまいます。

ヘビは奥さんや娘さんだったんですね。初めて知りました。

現在、ショパン猪狩の最後のお弟子さんが「二代目 東京コミックショウ」の名前で「三蛇調教」を継承、復活させています。

全くの蛇足で恐縮ですが、幼い頃「夜に笛吹くとヘピが来る」と親に言われたことと、この芸が頭の中で妙にリンクしていたような気がします。

データ

ショパン猪狩 昭和4年(1929)~平成17年(2005)76歳

三蛇調教~東京コミックショウ

三蛇調教~東京コミックショウ

三蛇調教~二代目 東京コミックショウ


おぉ、先代に比べさまざまな演出が。
がんばってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です