『祈り』最後の瞽女~小林ハル

小林ハル

明治41年(1908)、8歳で瞽女として巡業に出て以来、昭和48年(1973)に廃業するまで実に65年間にわたり、新潟、山形、福島などを巡業して廻りました。

瞽女唄は保存会などで現在も残っていますが、実際に門付けをしてまわったのはこの小林ハルさんが最後になりました。

壮絶な人生の中、柔らかで、それでいて障子を震わす声は「自然そのものの祈り」が声になっているとしか言いようがありません。

データ

小林ハル 明治33年(1900)~ 平成17年(2005)105歳

黄綬褒章(1979年)
人間国宝(瞽女唄(記録作成等の措置を講ずべき無形文化財)の保持者)

瞽女さんの唄が聞こえる~小林ハル

最後の瞽女 小林ハル(知ってるつもり)

最後の瞽女ハル~小林ハル

瞽女ライブ~月岡裕紀子(2011)

ごぜうた~小林ハル

NHK-FM 次の世は虫になっても 「瞽女・小林ハルの人生」 昭和59.10.27放送~小林ハル

瞽女 -越後路に哀歌は流れる-」~小林ハル(中日ニュース・昭和48年11月)

あはがり~小林ハル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です