お笑い・漫才芸人列伝へようこそ

演芸ブーム、漫才ブーム、お笑いブームなど、年代・世代で移り変わってきたお笑い・漫才。
昭和初期の漫才黎明期から現代まで、年代別、世代別のお笑い・漫才師たちの名作、名演を映像・音声で紹介しています。

ごゆっくりとお楽しみください。

追悼 志村けん

3月29日に急逝された志村さんの映像です。
悲しい気持ちでも見ても笑ってしまう志村さん。ご冥福をお祈りいたします。

永遠のコメディアンへ~志村けん

志村けん昭和47年(1972)活動開始 ...
続きを読む

オィッスー!~ザ・ドリフターズ

ザ・ドリフターズ 昭和31年(1956) ...
続きを読む

M-1グランプリ歴代王者

リターン漫才~ミルクボーイ

ミルクボーイ平成19年(2007)結成 大学在学中の2006年に仮コンビで『大学生M-1グランプリ』に出場して優勝し、baseよしもとのオーディションにあたって正式に結成。 『Mー1グランプリ』には2 ...
続きを読む

お笑い第七世代の胎動~霜降り明星

霜降り明星平成25年(2013)結成 それぞれピン芸人としての活動後にコンビを組みますが、不遇の時を過ごします。 2017年に『ABCお笑いグランプリ』で優勝したことをきっかけとして、『新しい波24』 ...
続きを読む

スカシ漫才~とろサーモン

とろサーモン平成14年(2002)結成 高校時代の同級生でNSCに入学、それぞれのコンビで10年以上に渡って売れない時を過ごします。 2002年に2人でコンビを組み、村田が久保田のツッコミを無視して話 ...
続きを読む

正統派復活~銀シャリ

銀シャリ平成17年(2005)結成 大阪NSCの同期生で結成し、正統派しゃべくり漫才で「baseよしもと」で人気を得ます。 『M-1グランプリ』に結成当初の2005年から出場し、準決勝進出2回、201 ...
続きを読む

斎藤さんだぞ~トレンディエンジェル

トレンディエンジェル平成16年(2004)結成 ハゲをネタにしたネタやラップ「ハゲラッチョ」で人気になります。 2004年から『M-1グランプリ』に出場し、2009年に初の準決勝進出、2015年に優勝 ...
続きを読む

Wボケ~笑い飯

笑い飯 平成12年(2000)結成。 2人ともにボケ・ツッコミを行うWボケのスタイルで、「baseよしもと」で人気を集めます。 M-1グランプリには第二回から第十回まで出場して、常に優勝候補と言われて ...
続きを読む

走り出したら止まらない~パンクブーブー

パンクブーブー平成13年(2001)結成 「よしもと福岡」で別々のコンビを組んでいましたが、東京進出に向けてコンビを結成。 『爆笑オンエアバトル』に2002年から出場し、番組記録タイの高得点で注目を集 ...
続きを読む

ハイテンポボケ~NON STYLE

NON STYLE平成12年(2000)結成 中学からの同級生で素人漫才として活動後、「baseよしもと」のオーディションに受かってプロデビューします。 『爆笑オンエアバトル』で2004年から2007 ...
続きを読む

「もういいぜ!」~サンドウィッチマン

サンドウィッチマン 平成7年(1995)結成。 結成後長らく芽が出ませんでしたが、積極的にライブなどに出演するうちに2005年『エンタの神様』に出演が決まり、徐々に人気を獲得していきます。 M-1グラ ...
続きを読む

妄想漫才~チュートリアル

チュートリアル 平成10年(1998)幼馴染みの2人で結成。 心斎橋筋2丁目劇場を出発点として、『せやねん!』のコーナー「嗚呼!ニッポンの兄弟」を2002年から6年間に渡ってつとめます。 2001の『 ...
続きを読む

「ヒーハー!」~ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズ 平成10年(1998)大阪NSC13期生で結成。 吉田の悩み事相談に小杉が答え、吉田は一度は納得するも「でもなぁ」と細かいことを気にして否定。だんだんにエスカレートして口論になるの ...
続きを読む

キレツッコミ~アンタッチャブル

アンタッチャブル 平成6年(1994)結成。 『ボキャブラ天国』への出演や『爆笑オンエアバトル』などで毎回高得点をとって人気を集めます。 『M-1グランプリ』では2003年敗者復活枠から決勝進出。20 ...
続きを読む

ブサイク~フットボールアワー

フットボールアワー 平成11年(1999)結成。 吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校14期生としてデビューし、ABCお笑い新人グランプリ2000で最優秀新人賞やNHK上方漫才コンテスト2001優秀賞 ...
続きを読む

すべり芸~ますだおかだ

ますだおかだ 平成5年(1993)結成。 松竹芸能タレント養成所時代にレギュラー3本を持ち、1994年にはABCお笑い新人グランプリ、NHK上方漫才コンテストで最優秀新人賞を受賞して注目を浴びます。 ...
続きを読む

M-1初代王者~中川家

中川家 平成4年(1992)に結成。 NSC11期で入学し、在学中に『オールザッツ漫才』に出演するなど実力を認められ、ABCお笑い新人グランプリで最優秀新人賞を受賞(1996) 『明石家マンション物語 ...
続きを読む

キングオブコント歴代王者

本格派シモネタアーティスト~どぶろっく

どぶろっく平成16年(2004)結成 保育園から大学までの同級生で結成し、シモネタを中心とした歌ネタ「もしかしてだけど」で一世を風靡し、「やらかしちまった」やミュージカル風コント「イチモツ」など新作を ...
続きを読む

「なんて日だ!」~バイきんぐ

バイきんぐ平成8年(1996)結成 大分県の自動車教習所の合宿で出会って大阪NSCで再会し、運命だと思ってコンビを結成します。 SMを思わせるようなネタなどで「汚ねぇ系コント」を行っていましたが、現在 ...
続きを読む

キングオブコント初代王者~バッファロー吾郎

バッファロー吾郎昭和64年(1989)結成 NSC大阪8期で結成し、コントを中心に若手ユニット「吉本印天然素材」に参加し、「baseよしもと」などを中心に活動していました。 『オールザッツ漫才』に第一 ...
続きを読む

究極リアル系コント~東京03

東京03平成15年(2003)結成 「アルファルファ」(豊本・飯塚)と「プラスドライバー」(角田)で実績のあるメンバーで結成し、結成4日目で『爆笑オンエアバトル』にオンエアされるという最短記録を作りま ...
続きを読む

詭弁漫才~かまいたち

かまいたち平成16年(2004)結成 NSC26期生で結成し「baseよしもと」「5upよしもと」で人気を博します。 『M-1グランプリ』には2004年から出場し、準決勝進出7回、決勝進出3回(201 ...
続きを読む

シチュエーションコント~ハナコ

ハナコ平成26年(2014)結成 ワタナベコメディスクール12期生(2010)で結成し、登場人物のシチュエーションに笑いを誘う「シチュエーションコント」で人気になります。 2016年の「第7回お笑いハ ...
続きを読む

やっべぇぞ~コロコロチキチキペッパーズ

コロコロチキチキペッパーズ平成24年(2012)結成 大阪NSC33期で結成し、「やっべぇぞ」「やったぁー」「いっちゃってる」などの一発ギャグや、「ナダルリバースエボリューション」と言われる単語を進化 ...
続きを読む

会話重視コント~キングオブコメディ

キングオブコメディ平成12年(2000)結成 人力舎のスクールJCA6期生で結成し、2001年から『爆笑オンエアバトル』に出場。『M-1グランプリ』では2002年から2年連続で準決勝に進出しています。 ...
続きを読む

トゥトゥトゥ~ロバート

ロバート平成10年(1998)結成 秋山と馬場は幼稚園から高校までの同級生で、NSC東京の4期生に入学、同期の山本を誘って3人でコントを行うトリオを結成します。 2005年に『新しい波8』から『はねる ...
続きを読む

ホラーすれすれ~かもめんたる

かもめんたる平成19年(2007)結成 早稲田大学のお笑いサークルで結成していたコントグループ「WAGE」から「劇団イワサキマキオ」へ、さらに2010年に「かもめんたる」に改名しています。 「白い靴下 ...
続きを読む

じわじわシュール~シソンヌ

シソンヌ平成18年(2006)結成 東京NSC11期で結成し、『爆笑レッドカーペット』や『エンタの神様』などで徐々に人気を集めます。 『キングオブコント』には2008年から出場し、爆笑をとるよりもじわ ...
続きを読む

シュール・ブラック&エロ~ライス

ライス平成15年(2003)結成 高校時代の同級生で「ピンクホール」というコンビを組んでホリプロのオーディションに合格するも大学進学のためホリプロには所属しませんでした。しかし、芸人になりたいとの思い ...
続きを読む

お笑い第七世代(2010年代)

お笑い第七世代の一覧はこちらから
2010年前後のデビュー、平成生まれ、ゆとり世代の芸人たち。
生まれた時からインターネッが身近にあり、テレビ出演にこだわらずInstagram、FaceBook、TwitterなどのSNSやYoutubeなどで独自の情報発信を行うことも抵抗なく行っています。

誰も傷つけない絶叫漫才~ミキ

ミキ平成24年(2012)結成 兄弟で結成して「よしもと漫才劇場」を中心に活動。 2015年から再開された『M-1グランプリ』に出場し、準決勝2回(2016年、2019年)決勝進出2回(2017年3位 ...
続きを読む

どつきツッコミ~カミナリ

カミナリ平成23年(2011)結成 茨城県の幼馴染みで結成し、茨城弁で話を展開しながらまなぶが「どつきツッコみ」を行う「どつき漫才」の芸風で人気になります。 『M-1グランプリ』には2016年から出場 ...
続きを読む

Love漫才~尼神インター

尼神インター平成19年(2007)結成 大阪NSC30期の同期で結成し、シモネタを含む恋愛を演じる漫才やコントで人気を集めます。 渚が男役、誠子がぶりっ子キャラで少し痛い感じの女性を演じることが多い。 ...
続きを読む

シチュエーションコント~ハナコ

ハナコ平成26年(2014)結成 ワタナベコメディスクール12期生(2010)で結成し、登場人物のシチュエーションに笑いを誘う「シチュエーションコント」で人気になります。 2016年の「第7回お笑いハ ...
続きを読む

キャー!~トム・ブラウン

トム・ブラウン平成21年(2009)結成 高校時代の柔道部の先輩後輩で結成。長髪の布川が「ダメー!」「キャー!」などと叫びながらみちおの頭を叩くつかみと、ホラー風のネタや一発ギャグを織り交ぜた芸風。 ...
続きを読む

その残像です~マヂカルラブリー

マヂカルラブリー平成19年(2007)結成 ランニングシャツにデニムで裸足の野田が村上の体型や衣装をいじるつかみから、コント風の漫才を行う芸風でインディーズライブで毎回のように優勝して吉本興業に入りま ...
続きを読む

ネガティブ漫才~宮下草薙

宮下草薙平成28年(2016)結成 太田プロエンタテイメント学院の同期で結成。 宮下はピン芸人として活動していましたが、草薙が3回目のコンビ解散を機にコンビ結成。 草薙の実体験をベースにした「ネガティ ...
続きを読む

渋谷系チャラ漫才~EXIT

EXIT平成29年(2017)結成 チャラ男キャラでパリピ調のしゃべくり漫才を行い、「ネオ渋谷系漫才」「渋谷系チャラ漫才」と称されます。 2018年に『ゴッドタン』の「今のバラエティで売れそうな若手芸 ...
続きを読む

やっべぇぞ~コロコロチキチキペッパーズ

コロコロチキチキペッパーズ平成24年(2012)結成 大阪NSC33期で結成し、「やっべぇぞ」「やったぁー」「いっちゃってる」などの一発ギャグや、「ナダルリバースエボリューション」と言われる単語を進化 ...
続きを読む

「蒼井ゆう」と「紅へい」~吉田たち

吉田たち平成19年(2007)結成 双子の兄弟で大阪NSC29期生で結成し、オーソドックスなボケ(こうへい)とツッコミ(ゆうへい)のしゃべくり漫才で「よしもと漫才劇場」など関西を中心とした活動を行って ...
続きを読む

優しいツッコみ~たくろう

たくろう平成28年(2016)結成 NSC大阪の36期(きむら)と37期(赤木)で結成し、「よしもと漫才劇場」を中心に活動しています。 赤木のボケにきむらが優しくツッコむ芸風で、結成5ヶ月で「Kake ...
続きを読む

性別不詳~金属バット

金属バット平成18年(2006)結成 大阪堺市の高校の同級生で大阪NSC29期に入学して結成。 「baseよしもと」やインディーズライブに出演、『マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ』でテレビ ...
続きを読む

東洋初へ~学天即

学天即平成17年(2005)結成 中学からの同級生で結成し、正統派のしゃべくり漫才でアマチュアとして『M-1グランプリ2005』に出場して準決勝進出を果たします。 コンビ名の『学天則』は昭和3年(19 ...
続きを読む

奇天烈薩摩藩~天竺鼠

天竺鼠平成16年(2004)結成 鹿児島の高校のヤンキーグループで結成。 シュールなコントを中心として活動、河原は革ジャンにパッチで頭に大きな茄子をリーゼントに見立ててかぶる「なすび」のキャラクターで ...
続きを読む

脱力系漫才~四千頭身

四千頭身平成28年(2016)結成 ワタナベコメディスクール22期生で結成。 『新しい波24』の初出演で後藤の体調が悪く(心筋炎だった)、元気なくしゃべったことが大ウケしたことから、日常の友人の会話を ...
続きを読む

「クソが!!」~ガンバレルーヤ

ガンバレルーヤ平成24年(2012)結成 2012年にNSC大阪35期生の入学準備のため引っ越してきたマンションが偶然同じで、まひるが腹痛でうずくまっていたところをよしこが介抱したことから知り合い、N ...
続きを読む

「強い気持ち」~さや香

さや香平成26年(2014)結成 NSC大阪校34期で結成し、高テンションのしゃべくり漫才が特徴。 『M-1グランプリ』には2015年から出場し、2017年に決勝進出7位となってブレイクします。 デー ...
続きを読む

イェエエエエエエエイ!!~ゆにばーす

ゆにばーす平成25年(2013)結成 東京NSCの同期生で結成し、美人キャラを演じるはらと理論的にツッコむ川瀬の芸風で、横浜生まれで標準語のはらと奈良生まれの関西弁の川瀬のコントラストも異彩をはなって ...
続きを読む

お隣よろしいですか?~相席スタート

相席スタート平成25年(2013)結成 東京NSCの13期(山崎)と14期(山添)で結成し、男女の機微を赤裸々に掛け合う芸風。 『キングオブコント』で準決勝進出6回、『M-1グランプリ』には2015年 ...
続きを読む

実は才媛~ゆりやんレトリィバァ

ゆりやんレトリィバァ平成25年(2013)~ 芸歴1ヶ月で『ロケみつ ザ・ワールド』のレギュラーとなり、特技のダンスや英語、ピアノをネタに織り込んで漫談や1人コントを行います。 2017年に『NHK上 ...
続きを読む

ノリ突っ込まないボケ~ぺこぱ

ぺこぱ平成20年(2008)結成 居酒屋でアルバイトしていた先輩後輩で結成。 2015年に『爆笑ファクトリーハウス笑けずり』で3位になったことから知名度を上げます。 キザキャラの松陰寺のツッコみそうで ...
続きを読む

お笑い第七世代の胎動~霜降り明星

霜降り明星平成25年(2013)結成 それぞれピン芸人としての活動後にコンビを組みますが、不遇の時を過ごします。 2017年に『ABCお笑いグランプリ』で優勝したことをきっかけとして、『新しい波24』 ...
続きを読む

火の国熊本のマンザイズム~からし蓮根

からし蓮根平成25年(2013)結成 九州学院高校の同級生でNSC大阪35期に入学して結成し、入学中から漫才バトルで2連覇を果たすなどの結果を残しています。 『M-1グランプリ』には2015年から出場 ...
続きを読む

お笑い第七世代の芸人をもっと見る
※鋭意追加中です。

お笑い第六世代(2000年代後半)

お笑い第六世代の一覧はこちらから
2000年代中盤から後半に活動を開始した芸人たち。
『爆笑レッドカーペット』(2007-14)などのネタ見せ番組やトークバラエティで頭角を現します。
また、M-1、R-1につづき『キングオブコント』(2008-)が開始され、お笑いにコント色が強くなった時期でもあります。

「なんて日だ!」~バイきんぐ

バイきんぐ平成8年(1996)結成 大分県の自動車教習所の合宿で出会って大阪NSCで再会し、運命だと思ってコンビを結成します。 SMを思わせるようなネタなどで「汚ねぇ系コント」を行っていましたが、現在 ...
続きを読む

斎藤さんだぞ~トレンディエンジェル

トレンディエンジェル平成16年(2004)結成 ハゲをネタにしたネタやラップ「ハゲラッチョ」で人気になります。 2004年から『M-1グランプリ』に出場し、2009年に初の準決勝進出、2015年に優勝 ...
続きを読む

正統派復活~銀シャリ

銀シャリ平成17年(2005)結成 大阪NSCの同期生で結成し、正統派しゃべくり漫才で「baseよしもと」で人気を得ます。 『M-1グランプリ』に結成当初の2005年から出場し、準決勝進出2回、201 ...
続きを読む

へりくつ漫才~和牛

和牛平成18年(2006)結成 NSC同期でインディーズライブを経て「baseよしもとワラb」でオーディション組から昇格します。 2009年にABCお笑い新人グランプリ決勝戦進出、M-1グランプリ準決 ...
続きを読む

詭弁漫才~かまいたち

かまいたち平成16年(2004)結成 NSC26期生で結成し「baseよしもと」「5upよしもと」で人気を博します。 『M-1グランプリ』には2004年から出場し、準決勝進出7回、決勝進出3回(201 ...
続きを読む

トゥース!~オードリー

オードリー平成12年(2000)結成 中学の同級生で結成し、若林に春日が意味不明でタイミングの悪いツッコミを入れて話が進まない「ダメつっこみ」「ズレ漫才」の芸風でデビューしますがデビュー当初は売れず、 ...
続きを読む

ノリボケ漫才~ハライチ

ハライチ平成18年(2006)結成 幼稚園からの幼馴染みで結成し、高校生の時にワタナベコメディスクールの『お笑いメジャーリーグ』に出場して高校生の部グランプリを受賞して特待生として入学します。 『M- ...
続きを読む

異次元の即興~ジャルジャル

ジャルジャル平成15年(2003)結成 高校の同級生でラグビー部で出会い、NSC大阪25期で入学。 在学中の2002年から『M-1グランプリ』に出場しますが1回戦敗退、2018年までに準決勝5回、決勝 ...
続きを読む

時事漫才~ナイツ

ナイツ平成12年(2000)結成 大学の落語研究会の先輩後輩で結成しましたが、直後に塙がバイク事故で1年間のブランクとなります。 2001年から『M-1グランプリ』に出場し、2016年まで準決勝2回、 ...
続きを読む

落ちこぼれの逆襲~ジャングルポケット

ジャングルポケット平成18年(2006)結成 NSC東京の落ちこぼれクラスの3人で結成。 『エンタの神様』などで、斉藤が日常のささいな出来事を大げさに言うことに大田が同調、おたけがツッコむパターンのコ ...
続きを読む

栃木が一番!~U字工事

U字工事平成12年(2000)結成 高校の同級生で結成し、栃木なまりで田舎暮らしや栃木の話題を中心としたの軽妙なしゃべくりで人気を集めます。 『爆笑オンエアバトル』では負け知らずの17連勝を記録してゴ ...
続きを読む

ゆったり~スリムクラブ

スリムクラブ平成9年(1997)結成 琉球大学の先輩後輩で結成し、コントを中心として活動していましたが、コントベースでゆっくりとした間のしゃべくり漫才が好評になり、漫才を披露する機会が多くなります。 ...
続きを読む

スカシ漫才~とろサーモン

とろサーモン平成14年(2002)結成 高校時代の同級生でNSCに入学、それぞれのコンビで10年以上に渡って売れない時を過ごします。 2002年に2人でコンビを組み、村田が久保田のツッコミを無視して話 ...
続きを読む

異常な世界観~馬鹿よ貴方は

馬鹿よ貴方は平成20年(2008)結成 共にピン芸人として活動後にコンビを結成し、独特な世界観と淡々とした平井のボケに振動がツッコむスタイルで、ゆったりとしたテンポの芸風。 2014年に『THE MA ...
続きを読む

歌ネタ~カナリア

カナリア平成15年(2003)結成 NSC大阪の21期で、お互いに別々のコンビを組んでいましたが同時期に解散し、2003年に結成します。 安達の歌唱力を生かしたネタを中心としたしゃべくり漫才やコントを ...
続きを読む

ブパパブパパブパパ~メイプル超合金

メイプル超合金平成24年(2012)結成 ピン芸人だったカズレーザーが「ぷち観音」を解散した安藤を誘って結成します。 2015年の漫才新人大賞受賞で注目を浴び、同年の『M-1グランプリ』で決勝進出7位 ...
続きを読む

男前vsぶさいく~アインシュタイン

アインシュタイン平成22年(2010)結成 ピン芸人として活動していた稲田が、河井を誘って結成します。 稲田は「吉本ブサイクランキング」で3年連続1位で殿堂入り、河井は「男前ランキング」で1位となる対 ...
続きを読む

タンバリンマスター~ゴンゾー

ゴンゾー平成17年(2005)~ 名古屋NSC15期生から藤プロダクション、ビッグワールドに所属して漫才を目指しますが、カラオケ屋でのアルバイトでトークができなったためタンバリンを始め、毎日5時間練習 ...
続きを読む

リターン漫才~ミルクボーイ

ミルクボーイ平成19年(2007)結成 大学在学中の2006年に仮コンビで『大学生M-1グランプリ』に出場して優勝し、baseよしもとのオーディションにあたって正式に結成。 『Mー1グランプリ』には2 ...
続きを読む

ララライ封印~藤崎マーケット

藤崎マーケット平成17年(2005)結成 『爆笑レッドカーペット』で「ラララライ体操」を披露して一躍人気を得ます。 2009年頃から一発屋からの脱皮をはかるべく「ラララライ体操」を封印し、漫才やリズム ...
続きを読む

「男のダサさ」を追究~GAG

GAG平成18年(2006)結成 NSC大阪27期で「GAG少年楽団」として結成し、主に「baseよしもと」「5upよしもと」でコントを行っていました。 宮戸と坂本は『R-1ぐらんぷり』にも出場。 『 ...
続きを読む

ホラーすれすれ~かもめんたる

かもめんたる平成19年(2007)結成 早稲田大学のお笑いサークルで結成していたコントグループ「WAGE」から「劇団イワサキマキオ」へ、さらに2010年に「かもめんたる」に改名しています。 「白い靴下 ...
続きを読む

じわじわシュール~シソンヌ

シソンヌ平成18年(2006)結成 東京NSC11期で結成し、『爆笑レッドカーペット』や『エンタの神様』などで徐々に人気を集めます。 『キングオブコント』には2008年から出場し、爆笑をとるよりもじわ ...
続きを読む

シュール・ブラック&エロ~ライス

ライス平成15年(2003)結成 高校時代の同級生で「ピンクホール」というコンビを組んでホリプロのオーディションに合格するも大学進学のためホリプロには所属しませんでした。しかし、芸人になりたいとの思い ...
続きを読む

衣装も小道具も自作~チョコレートプラネット

チョコレートプラネット平成18年(2006)結成 NSC東京11期で結成し、2007年に『ヨシモト∞』で10週勝ち抜いてヨシモトファンダンゴTVでの5分間の冠番組を獲得しています。 『キングオブコント ...
続きを読む

手と足が同時に出る~ザ・ギース

THE GEESE(ザ・ギース)平成16年(2004)結成 非日常的なシュールなコントで『爆笑オンエアバトル』の8連勝・ゴールドバトラーに認定、『オンバト+』の15連勝などで知名度を上げました。 『キ ...
続きを読む

このダンスをする~2700

2700平成20年(2008)結成 NSC大阪の26期(八十島)・27期(ツネ)で結成し「baseよしもと」を経て2009年から東京で活動を開始します。 『オールザッツ漫才』のコーナーで優勝(2010 ...
続きを読む

ブラックユーモア~エレキコミック

エレキコミック平成19年(2007)結成 人力舎のスクールJCAの7期の野田、大川原とおおかわらの友人 浅沼達朗で2004年に結成。2007年に浅沼が引退してJCA8期の和田が加入して再結成します。 ...
続きを読む

作家と役者の本気~ラブレターズ

ラブレターズ平成21年(2009)結成 役者志望の溜口と放送作家志望の塚本で活動を開始し、2008年にアマチュアで『キングオブコント』に参加して1回戦で敗退しますが、ここで見たバナナマンのコントに衝撃 ...
続きを読む

コントプリンス~うしろシティ

うしろシティ平成21年(2009)結成 違う相方で活動していた金子(ナナイロ)と阿諏訪(ワンスター)がそれぞれの解散を機にコンビを結成します。 『キングオブコント』には2009年から出場し、準決勝進出 ...
続きを読む

お笑い第六世代の芸人をもっと見る


※鋭意追加中です。

お笑い第五世代(2000年代前半)

お笑い第五世代の一覧はこちらから
『エンタの神様』(2003-10)『爆笑オンエアバトル』(1999-2010)など、若手芸人を中心に一発ギャグやオチの連続を見せる「面白いところ取り」のお笑い番組が主流となりました。

一方で『M-1グランプリ』(2001-)、『R-1ぐらんぷり』(2002-)など、年に1度のお笑いコンテスト番組で若手芸人を育てる土壌が作られた時代でもあります。

本格派シモネタアーティスト~どぶろっく

どぶろっく平成16年(2004)結成 保育園から大学までの同級生で結成し、シモネタを中心とした歌ネタ「もしかしてだけど」で一世を風靡し、「やらかしちまった」やミュージカル風コント「イチモツ」など新作を ...
続きを読む

妄想漫才~チュートリアル

チュートリアル 平成10年(1998)幼馴染みの2人で結成。 心斎橋筋2丁目劇場を出発点として、『せやねん!』のコーナー「嗚呼!ニッポンの兄弟」を2002年から6年間に渡ってつとめます。 2001の『 ...
続きを読む

キレツッコミ~アンタッチャブル

アンタッチャブル 平成6年(1994)結成。 『ボキャブラ天国』への出演や『爆笑オンエアバトル』などで毎回高得点をとって人気を集めます。 『M-1グランプリ』では2003年敗者復活枠から決勝進出。20 ...
続きを読む

「もういいぜ!」~サンドウィッチマン

サンドウィッチマン 平成7年(1995)結成。 結成後長らく芽が出ませんでしたが、積極的にライブなどに出演するうちに2005年『エンタの神様』に出演が決まり、徐々に人気を獲得していきます。 M-1グラ ...
続きを読む

「悔しいです!!」~ザブングル

ザブングル平成11年(1999)結成 2004年から『M-1グランプリ』に参加し、2007年に初めて決勝進出を果たします(6位)。 2008年から『キングオブコント』『笑いの金メダル』などに出場、ノリ ...
続きを読む

ゴイゴイスー~ダイアン

ダイアン平成14年(2002)結成 「baseよしもと」を中心に活動を開始します。 『M-1グランプリ』では第一回の2001年から出場しますが、2006年まで準決勝敗退、2007年7位、2008年6位 ...
続きを読む

ジャンガジャンガ~アンガールズ

アンガールズ平成12年(2000)結成 痩身で長身のコンビは栄養失調と評されるほどで「キモイ」シュールな芸が特徴。 『恐怖のバク天芸人』(『爆笑問題のバク天!』(2004)内の珍芸人紹介コーナー)で人 ...
続きを読む

ディスる愛情~はなわ

はなわ平成9年(1997)~ エレキベースの弾き語りで故郷の佐賀県をディスりながらも愛情の感じられる「佐賀県」でブレイク。 「埼玉県」「茨城県」「長野県」などご当地の歌やモノマネで人気を集めました。 ...
続きを読む

キングオブコント初代王者~バッファロー吾郎

バッファロー吾郎昭和64年(1989)結成 NSC大阪8期で結成し、コントを中心に若手ユニット「吉本印天然素材」に参加し、「baseよしもと」などを中心に活動していました。 『オールザッツ漫才』に第一 ...
続きを読む

ぼよよ~ん!~かつみ・さゆり

かつみ・さゆり平成12年(2000)結成 かつみは、きびのだんごとのコンビ「どんきほ〜て」を解散後、中田カウスにすすめられて妻のさゆりとコンビを結成します。 さゆりは三枚目のキャラクターを演じています ...
続きを読む

「ミキティー!」~品川庄司

品川庄司平成7年(1995)結成 東京NSC時代に結成し、『爆笑オンエアバトル』で準優勝を獲得。 『M-1グランプリ』は2002年、2004年に準決勝まで進み、2005年に決勝進出(4位)します。 そ ...
続きを読む

M-1初代王者~中川家

中川家 平成4年(1992)に結成。 NSC11期で入学し、在学中に『オールザッツ漫才』に出演するなど実力を認められ、ABCお笑い新人グランプリで最優秀新人賞を受賞(1996) 『明石家マンション物語 ...
続きを読む

「Thank You!!」~ハリガネロック

ハリガネロック 平成7年(1995)結成。 『爆笑オンエアバトル』(1999-2010)に常連として出演し、2001年に4代目チャンピオンになり、『熱唱オンエアバトル』(2004-06)では司会を担当 ...
続きを読む

リズム芸~オリエンタルラジオ

オリエンタルラジオ平成15年(2003)結成 アルバイト先で知り合った2人がNSC東京の10期に入学し、在学中に『M-1グランプリ2004』に出場して準決勝に進出します。 武勇伝ネタなどのリズム芸で人 ...
続きを読む

すべり芸~ますだおかだ

ますだおかだ 平成5年(1993)結成。 松竹芸能タレント養成所時代にレギュラー3本を持ち、1994年にはABCお笑い新人グランプリ、NHK上方漫才コンテストで最優秀新人賞を受賞して注目を浴びます。 ...
続きを読む

ブサイク~フットボールアワー

フットボールアワー 平成11年(1999)結成。 吉本総合芸能学院 (NSC) 大阪校14期生としてデビューし、ABCお笑い新人グランプリ2000で最優秀新人賞やNHK上方漫才コンテスト2001優秀賞 ...
続きを読む

「ヒーハー!」~ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズ 平成10年(1998)大阪NSC13期生で結成。 吉田の悩み事相談に小杉が答え、吉田は一度は納得するも「でもなぁ」と細かいことを気にして否定。だんだんにエスカレートして口論になるの ...
続きを読む

「麒麟です」~麒麟

麒麟 平成11年(1999)結成。 川島の低音ボイスで「麒麟です」のツカミが絶妙で、全く無名であった2001年からM-1グランプリに出場、決勝に進出したことで全国的に有名になります。 M-1では第3回 ...
続きを読む

アニソン!~アメリカザリガニ

アメリカザリガニ 平成6年(1994)結成 平井のローテンションなボケと柳原のハイトーン&ハイテンションなツッコミで、『爆笑オンエアバトル』への出演、『M-1グランプリ』では3年連続の決勝進出(200 ...
続きを読む

「しゃかりき頑張ります!」~キングコング

キングコング 平成11年(1999)NSC在学中に結成し、結成5ヶ月後の2000年にはNSC在学生としては初めてNHK上方漫才コンテスト最優秀賞を受賞、M-1グランプリ2001ではコンビ結成史上最短記 ...
続きを読む

しのびねぇなぁ~トータルテンボス

トータルテンボス 平成9年(1997)結成。 当初はコント専門でしたが全く売れず、漫才を行うようになって徐々に人気が出ました。 「爆笑オンエアバトル」に2002年から2010年まで8年に渡って活躍。M ...
続きを読む

無冠の帝王~DonDokoDon

DonDokoDon 平成6年(1994)、宝塚ファミリーランドに努めていた2人でNHKの『素人名人会』に参加し、名人賞を受賞したことから本格的に結成。 第1回M-1グランプリ(2001)で決勝進出し ...
続きを読む

バーン!~南海キャンディーズ

南海キャンディーズ 平成15年(2003)結成。 大柄でボソっとつぶやくようなしずちゃんの自意識過剰でシュールなボケにハイテンションな山ちゃんがツッコむスタイルで人気になります。 M-1グランプリは2 ...
続きを読む

「おぎやはぎですけど何か?」~おぎやはぎ

おぎやはぎ 平成7年(1995)結成。 当初はコント専門でしたが、M-1グランプリに出場するために漫才をはじめます。 2人ともにテンションが低くじわじわと笑いを誘う芸風で、日常的な会話のように展開して ...
続きを読む

なんでだろう~テツandトモ

テツandトモ 平成10年(1998)結成。 日常の何気ない疑問を「なんでだろう~」と歌う芸風で、漫才というよりは漫談のジャンル。 「なんでだろう」は2003年の新語・流行語大賞にも選ばれています。 ...
続きを読む

「あま~~い」~スピードワゴン

スピードワゴン 平成10年(1998)結成。 『M-1グランプリ2002』で決勝に進出し「甘い言葉」のネタで7位となり人気になります。 『爆笑オンエアバトル』では1999年から2003年まで出演して番 ...
続きを読む

「前足じゃなくて、手!」~ダイノジ

ダイノジ 平成6年(1994)中学の同級生で結成。 『爆笑オンエアバトル』の初期から出演し、ゴールドバトラー認定、年間合計キロバトル数ランキングで2000年、2002年の2度一位を獲得しています。 『 ...
続きを読む

ちょうどえぇ~2丁拳銃

2丁拳銃 平成5年(1993)結成。 大阪の「baseよしもと」で人気を集め、東京に進出するもほとんど露出できずに不遇な時を過ごします。 2001年に「ルミネtheよしもと」が開設されて出演機会を得て ...
続きを読む

クセがすごい~千鳥

千鳥 平成10年(1998)高校からの同級生で結成。 ともに岡山県出身で、広島(福山)弁まじりの岡山弁での漫才が特徴的。 「クセがすごい」ネタで人気になり「baseよしもと」を中心に単独ライブを行うな ...
続きを読む

最年少コンビ~りあるキッズ

りあるキッズ平成8年(1996)結成 『輝く日本の星! 次代のダウンタウンを創る』(1996-97)で安田が未来の松本人志、長田が未来の浜田雅功として選ばれて12歳でコンビを結成します。 『M-1グラ ...
続きを読む

お笑い第五世代の芸人をもっと見る

※鋭意追加中です。

お笑い第四世代(1990年代)

お笑い第四世代の一覧はこちらから
『ボキャブラ天国』(1992-99)など、大勢の若手芸人がネタを競い合う番組が流行ってきた時代。
ほとんどは番組人気の聚落とともに姿を消しますが、ここから知名度を得て冠番組を持つビックネームも出てきました。

オタからエロへ~天津

天津平成11年(1999)結成 NSC大阪21期で結成し、主にうめだ花月で活動していました。 『M-1グランプリ』では2000年は3回戦で敗退しますが、以降2008年まで7年連続で準決勝まで進んでいま ...
続きを読む

烏龍パーク

烏龍パーク平成10年(1998)結成 NSC大阪15期で結成し、「カレーコロッケ」「バーチャルトーイ」「空き缶チック」などコンビ名を次々と変更。 大阪吉本から東京吉本へ移籍してヨシモト∞ホールなどを中 ...
続きを読む

清水けんじ~フロントストーリー

フロントストーリー平成10年(1998)結成 NSC大阪15期で結成し、Baseよしもとを中心に活動するも売れず、2007年に解散。 共にピン芸人として活動を開始しますが、光岡は引退。 清水は「清水け ...
続きを読む

「あるある探検隊」からの~レギュラー

レギュラー平成10年(1998)結成 NSC大阪21期で結成し、「あるある探検隊」のネタでブレイク。baseよしもとのトップ組を経て東京へ進出します。 『M-1グランプリ』には2001年から5年連続で ...
続きを読む

青空(岡・須藤)

青空平成9年(1997)結成 大阪NSC17期で結成し、「baseよしもと」や「よしもと漫才劇場」などを中心に活動。 2004年から3年連続で『MBS新世代漫才アワード』の決勝に出場、『M-1グランプ ...
続きを読む

「ずばり!タコ介」~四次元ナイフ

四次元ナイフ平成9年(1997)結成 大阪NSC18期で結成し、若ハゲの山本が「ハゲと眼鏡でがんばってるんですけど」と言うのを山内が「どっちもお前やないか」とツッコみ、山本がそれを受けてさらにボケるつ ...
続きを読む

「すっちー」~ビッキーズ

ビッキーズ平成8年(1996)結成 脱サラして結成し、「心斎橋筋2丁目劇場」「うめだ花月」などの劇場を中心に活動していました。 須知は「ビキビキ」「ビッキーズ」、背中に「飴」の文字を入れたハッピを着て ...
続きを読む

タイガース愛~ストリーク

ストリーク平成7年(1995)結成 大阪NSC15期生で結成し、野球ネタ、特に阪神タイガースに関するネタを得意にしていました。 『M-1グランプリ』には2001年から2005年まで出場してすべて準決勝 ...
続きを読む

チャイルドマシーン

チャイルドマシーン平成7年(1995)結成 NSC15期生で結成し、樅野が手帳などを見ながらボケて山本がツッコむ芸風で「2丁目劇場」でいち早くレギュラー出演を獲得するなど将来を期待されていました。 手 ...
続きを読む

「天野く~ん」~キャイ~ン

キャイ~ン 平成3年(1991)結成。 天野のツッコミに対してウドがボケ、天野からさらにツッコミを入れるスタイル二段ツッコミの芸風で、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(1991-2001)でブ ...
続きを読む

シュールコント~よゐこ

よゐこ 平成3年(1991)結成。 『ウリナリ!!』『めちゃ2イケてるッ!』『笑っていいとも!』などで人気になります。 有野がボケの役割ながら濱口が天然ボケで戸惑う、ボケ・ツッコミのない芸風で、不条理 ...
続きを読む

京大卒クイズ王~ロザン

ロザン平成8年(1996)結成 大阪で一番の進学校天王寺高学校の同級生で結成し、心斎橋筋2丁目劇場のオーディションを経て、宇治原は京都大学3回生、菅は大阪府立大学2回生で1998年にプロデビューします ...
続きを読む

スミス夫人

スミス夫人昭和64年(1989)結成 NSC大阪校8期で結成し、『オールザッツ漫才』(1997)で優勝するなどで活動していましたが、2001年に解散。 松村は解散と同時に引退、灘儀は「なだぎ武」として ...
続きを読む

親子三代~海原やすよともこ

海原やすよともこ平成4年(1992)結成 海原お浜・小浜の小浜の孫で、海原かけるが父、マジシャンのワンダーのり子を母に持つ親子三代の芸人。 幼い頃から2人でよく漫才をしており、1992年に中田カウス・ ...
続きを読む

シェイクダウン

シェイクダウン平成4年(1992)結成 NSC10期生で結成し、『爆笑オンエアバトル』『すんげー!Best10』などのネタ見せ番組でコントを中心に活動をしていました。 『爆笑BOOING』では5週連続 ...
続きを読む

たむらけんじ~LaLaLa

LaLaLa平成4年(1992)結成 高校の同級生で結成し文化祭などでも漫才を行っていた2人。 大阪NSC11期に入学し、心斎橋筋2丁目劇場をベースに活動していました。 「爆笑BOOING」(関西テレ ...
続きを読む

野性爆弾

野性爆弾平成6年(1994)結成 幼稚園からの幼馴染みでNSC13期に入学。 baseよしもとを経てうめだ花月を中心に活動していました。 2009年頃からテレビでの露出が増え、2012年から2015年 ...
続きを読む

テンダラー

テンダラー平成6年(1994)結成 ショーパブ「アランドロン」の難波店の主任でお笑いを目指していた浜本が梅田店の主任でNSC8期生だった白川に声をかけて結成します。 なんばグランド花月に直談判でネタ見 ...
続きを読む

シャンプーハット

シャンプーハット平成6年(1994)結成 歯科技工士の専門学校で出会い、心斎橋筋2丁目劇場の素人参加イベント参加のためにコンビを結成します。 Wボケの芸風は笑い飯よりも早く、『オールザッツ漫才』での優 ...
続きを読む

ルート33

ルート33平成7年(1995)結成 大阪NSCの11期(堂土)と13期(マスダ)で結成。 1999年のABCお笑い新人グランプリで優秀新人賞を獲得し、『爆笑オンエアバトル』では2年連続でチャンピオンと ...
続きを読む

シンクタンク

シンクタンク平成5年(1993)結成 シンクはなんばグランド花月の進行役を行っていましたが、「ザ・ぼんち」の里見まさとに弟子入りし、同じくまさとに弟子入りをしていたタンクとコンビを組みます。 うめだ花 ...
続きを読む

小籔千豊~ビジリアン

ビリジアン平成5年(1993)結成 NSC12期で結成して『爆笑BOOING』『オールザッツ漫才』などに出場。 ABCお笑い新人グランプリの新人賞を3年連続で獲得するなど評価されますが、2001年に解 ...
続きを読む

「犬井ヒロシ」も~サバンナ

サバンナ平成6年(1994)結成 立命館大学在学中に学祭で漫才を披露したところ、見ていた千原ジュニアに褒められたことからコンビを結成します。 よしもとのオーディション「2丁目ワチャチャライブJr.」で ...
続きを読む

陣內智則~リミテッド

リミテッド平成4年(1992)結成 高校の同級生でNSC大阪11期に入学して結成し、心斎橋筋2丁目劇場を拠点として活動していましたが、「2丁目劇場で一番おもろないコンビ」や放送中に災害情報が入るなどで ...
続きを読む

高僧・野々村

高僧・野々村平成4年(1992)結成 小学校からの友人で大阪NSC11期に入学して結成し、オーソドックスなしゃべくり漫才で心斎橋筋2丁目劇場のレギュラーとして活動していましたが、同館の「漫才禁止令」や ...
続きを読む

ハリウッドザコシショウ~G★MENS

G★MENS平成4年(1992)結成 静岡の高校の同級生で大阪NSCに入学して結成し、心斎橋筋2丁目劇場を拠点に活動していましたが、1999年に同劇場が閉鎖となったのを機に上京します。 ただ舞台を暴れ ...
続きを読む

水玉れっぷう隊

水玉れっぷう隊平成4年(1992)結成 東映京都太秦のスタントマンだったアキと陸上自衛隊で迫撃砲を撃っていたケンで結成。 『オールザッツ漫才』(1992-1998)でのテレビデビューから長らく出場し、 ...
続きを読む

4人で漫才~電車道

電車道平成3年(1991)結成 大阪NSC10期生で結成。 4人組で『爆笑BOOING』(関西テレビ)などで活動し、ABCお笑い新人グランプリや上方漫才コンテストでの賞レースでも実績を残しましたが解散 ...
続きを読む

世界のナベアツ~ジャリズム

ジャリズム平成3年(1991)結成 NSC10期生で結成して心斎橋筋2丁目劇場のコンテストで優勝。 1996年に冠番組『アメジャリチハラ』(雨上がり決死隊、ジャリズム、千原兄弟)を持つようになりますが ...
続きを読む

メッセンジャー

メッセンジャー平成3年(1991)結成 NSC大阪の10期で結成します。 『オールザッツ漫才』でテレピデビューし、『それゆけ!メッセンジャー』(毎日放送)『メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?』(毎日 ...
続きを読む

お笑い第四世代の芸人をもっと見る


※鋭意追加中です。

お笑い第三世代(1980年代後半)

お笑い第三世代の一覧はこちらから
バブル景気真っ只中の1980年代後半に台頭したお笑いタレント
吉本総合芸能学院(NSC)が設立されてタレントを養成。師弟関係が主だったお笑いの世界が変わっていきます。
関西ではNSC出身者の若手たちが「心斎橋筋2丁目劇場」で、東京では「ショーパブ」や「東京バーボン寄席」などで芸能ライブを行って連日賑わいをみせていました。

ファミリーレストラン(ジャンクション)

ファミリーレストラン昭和63年(1988)結成 高校・大学の先輩だった「サバンナ」に誘われて大阪NSC18期に入学して結成し、『笑い飯のトランジスタラジオくん』(TBSラジオ)の「マイジャー芸人グラン ...
続きを読む

毒舌アニオタ~はりけーんず

はりけ~んず平成2年(1990)結成 前田は心斎橋筋2丁目劇場の素人オーディションを経て上京し、俳優志望だった新井とコンビを結成し、毒舌中心の漫才と、2人ともアニメオタクであることから前田はアニメ声優 ...
続きを読む

ティーアップ

ティーアップ昭和63年(1988)結成 前田はNSC5期生時代に「前田・平田」のコンビで心斎橋筋2丁目劇場を中心に活動、長谷川は「テイクアウト」というコンビで活動後にティーアップを結成します。 199 ...
続きを読む

ぴのっきを

ぴのっきを昭和63年(1988)結成 「チャンバラトリオ」の山根伸介に師事して結成。 「ぴのっきお」(1995-)「きょーちゃん蛸ちゃん」(2000-)と改名しています。 心斎橋筋2丁目劇場やうめだ花 ...
続きを読む

月亭かなめ・ぜんじろう

月亭かなめ・ぜんじろう昭和63年(1988)結成 月亭八方の弟子だった月亭かなめと上岡龍太郎の弟子だったぜんじろうで結成し、4日後に開かれた「今宮子供えびすマンザイ新人コンクール」で福笑い大賞を受賞し ...
続きを読む

ケツカッチン

ケツカッチン平成13年(2001)結成 『M-1グランプリ』の開催を知った「清水圭・和泉修」の和泉が、相方の河本の急死でピンで活動をしていた「ベイブルース」の高山を誘って結成します。 『M-1グランプ ...
続きを読む

2代目ラッパを根負けさせて~平和ラッパ・梅乃ハッパ

平和ラッパ・梅乃ハッパ昭和62年(1987)結成 三代目平和ラッパは高校時代から二代目平和ラッパ・日佐丸の弟子入り志願で断られ続けますがあきらめず、卒業後に入門します。 梅乃ハッパは吉本新喜劇の研修生 ...
続きを読む

ファンクラブもあった~ピンクダック

ピンクダック昭和59年(1984)結成 「ミチ・レイコ」で結成後に改名し、「心斎橋筋2丁目劇場」で活躍。 『4時ですよーだ』(毎日放送)に出演、551(蓬莱)のアイスキャンデーのCMなどにも起用される ...
続きを読む

実力派なれど~どんきほ~て

どんきほ~て昭和60年(1985)結成 ともにNSC2期で、卒業後にきびのは月亭八方に弟子入り、大平は別のコンビで活動をしていましたがすぐに解散。 1985年の吉本新人トライアルでコンビを結成し、実力 ...
続きを読む

吉本一のセクシー熟女~非常階段

非常階段昭和60年(1985)結成 小学校から就職先まで一緒だった2人が、ビートたけしに弟子入り志願するも断られ、学園祭などで漫才をしているところをよしもとにスカウトされて心斎橋筋2丁目劇場に出演する ...
続きを読む

笑わない漫才~メンバメイコボルスミ11

メンバメイコボルスミ11昭和60年(1985)結成 大阪の南海ホール(心斎橋筋2丁目劇場)のオーディション番組『心斎橋お笑い探検隊』で、シュールで不思議な「笑わない漫才」の芸風でデビューします。 二人 ...
続きを読む

誰が白ブタや ゴルァ!~未知やすえ・やすよ

未知やすえ・やすよ昭和57年(1982)結成 やすえとやすよは共にアイドル歌手を目指していましたが、花月のポケットミュージカルスのバックダンサーを経て、1981年に毎日放送の『素人名人会』で代役として ...
続きを読む

中途半端やなぁ~ちゃらんぽらん

ちゃらんぽらん昭和54年(1979)結成 大学在学中の1980年に『お笑いスター誕生!!』に出場して人気になり、1985年に同番組で決勝まで進んで敢闘賞を受賞、1985年によしもとの林会長の推挙でよし ...
続きを読む

とことん体育会系~とんねるず

とんねるず 昭和56年(1980)に、帝京高校の野球部の石橋とサッカー部の木梨でコンビ結成。 翌年『お笑いスター誕生』でグランプリを獲得。 『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』などに出演し、『ね ...
続きを読む

ごっつええ感じ~ダウンタウン

ダウンタウン 昭和57年(1982)小学校からの同級生で高校卒業後にコンビ結成。 吉本の新人タレント養成所「吉本総合芸能学院(NSC)」の1期生として、入学2ヶ月目に『素人名人会』の名人賞を獲得。 「 ...
続きを読む

ショートコントスタイルの確立~ウッチャンナンチャン

ウッチャンナンチャン 昭和60年(1985)に日本映画大学の漫才の講義でコンビ結成。 『お笑いスター誕生!!』『夢で逢えたら』『オールナイトニッポン』で人気になり、 『とんねるずのみなさんのおかげです ...
続きを読む

スベリキャラ~トミーズ

トミーズ 1983年に吉本総合芸能学院 (NSC) の1期生募集に、幼稚園から高校まで同級生だった健を誘って応募し、1983年デビュー。 NSC卒業後すぐ、NHKの漫才コンテストで大賞をとるなど1期生 ...
続きを読む

ヤンキー&名誉博士~ハイヒール

ハイヒール 昭和57年(1982)吉本総合芸能学院(NSC)の一期生同士でコンビ結成。 大阪学院大学卒のリンゴ(後に同学名誉博士)と、高校中退で元スケバンのモモコというキャッチフレーズで売り出し、モモ ...
続きを読む

衣装はDCブランド~B21スペシャル

B21スペシャル 昭和61年、アルバイト先のホストクラブで知り合った3人で結成。 星セント門下になり、DCブランドの衣装で身を固めて『ザ・テレビ演芸』で10週勝ち抜き、4代目のチャンピオンになって注目 ...
続きを読む

コントもモノマネもキーキー声~ピンクの電話

ピンクの電話 昭和61年(1986)「劇団七曜日」の一期生同士でコント漫才に転身。 『オレたちひょうきん族』『ものまね王座決定戦』『めちゃ2イケてるッ!』『冗談画報』などのレギュラーやゲスト出演を多数 ...
続きを読む

それぞれの道~圭・修

清水圭・和泉修 同志社大学の先輩(清水圭)と後輩(和泉修)で1986年に結成。 今宮子供えびすマンザイ新人コンクールで優勝し、なんば花月や2丁目劇場に出演するようになります。『圭修のうしみつ天国』(1 ...
続きを読む

熱々おでんに熱湯風呂~ダチョウ倶楽部

ダチョウ倶楽部 昭和60年(1985)結成。 コントに始まり、熱いおでんを食べさせる、熱湯風呂に突き落とすなどの体当たりとリアルションを売り物にして人気を博しました。 「聞いてないよォ」「訴えてやる! ...
続きを読む

ええ声ぇ~~おかけんた・ゆうた

おかけんた・ゆうた 昭和56年(1981)、吉本総合芸能学院(NSC)1期生を卒業後にうめだ花月の進行係をしていたけんたと、岡八郎門下で吉本新喜劇で活動していたゆうたでコンビ結成。 坊主頭でしゃがれ声 ...
続きを読む

はっきり言うて~まるむし商店

まるむし商店 昭和58年(1983)結成。 NHK上方漫才コンテスト 優秀賞(1985)、上方お笑い大賞 銀賞(1986)などで実力が認められ、関西のバラエティ番組やラジオを中心に活動。 結成当初から ...
続きを読む

まいう~ホンジャマカ

ホンジャマカ 昭和63年(1988)、渡辺プロダクションの「BIG THURSDAY」(ビッグサースデー・若手お笑いタレントグループ)より11人で結成、『ザ・テレビ演芸』でグランドチャンピオンになりま ...
続きを読む

深夜の帝王~さまぁ~ず(バカルディ)

さまぁ~ず 昭和63年(1988)にホリプロから「しゃぶしゃぶ」としてデビュー。 昭和64年(1989)に2人になり「バカルディ」として活動を開始します。 『ザ・テレビ演芸』(1981-91)で頭角を ...
続きを読む

口の中に飴玉入れてる?~130R

口の中に飴玉入れてる?~130R 130R 昭和60年(1985)に吉本総合芸能学院4期生として入学。 ともに別のコンビを経て、昭和62年(1987)に結成。 心斎橋筋2丁目劇場で人気を得て東京進出し ...
続きを読む

お笑い第三世代の芸人をもっと見る
※鋭意追加中です。

お笑い第二世代・MANZAIブーム(1980-1982)

お笑い第二世代の一覧はこちらから
『THE MANZAI』『花王名人劇場』などのテレビ番組を起爆剤として、B&B、ツービート、紳助・竜介などに代表される圧倒的なスピード感とギャグの連発で若者を中心に圧倒的な支持を得ました。
漫才ブームは約2年で収束しますが『オレたちひょうきん族』がブームを牽引した芸人を集め、お笑いブームは加速していきます。

もみじ饅頭!~B&B

B&B 島田洋之介・今喜多代門下で、洋七が2度相方を変えて東京進出し、漫才ブームの火付け役となりました。 第二期 昭和47年(1972)洋七・団順一 初舞台の観客は5人。はな寛太・いま寛大の漫才を見て ...
続きを読む

超高速夫婦漫才~宮川大助・花子

宮川大助・花子 宮川左近門下の大助とチャンバラトリオ門下の花子が、それぞれ「大助・小助」「新鮮組」でデビューしますが一年ほどで解散し、芸からは遠ざかります。 昭和51年(1976)、大助はスーパーマー ...
続きを読む

大阪パラダイス~海原さおり・しおり

海原さおり・しおり昭和53年(1978)結成 「花の110番しおり・ひろこ」のコンビ名でケーエープロダクションよりデビュー(1978)し、1979年に海原お浜・小浜の小浜に弟子入りし、海原さおり・しお ...
続きを読む

師弟制の狭間で~前田一球・写楽

前田一球・写楽昭和51年(1976)結成 コメディNo1の前田五郎の弟子同士で結成するも売れずに1年あまりで解散し、前田一球(広瀬義政)と2代目前田写楽(浜田良典)で1980年に再結成し、在阪局主催の ...
続きを読む

Mr.オクレの原点~ザ・パンチャーズ

ザ・パンチャーズ昭和47年(1972)結成 メンバーの入れ替わりが頻繁であったことや、コミカルな内容で吉本花月を中心に活動していました。 吉本新喜劇で人気になったMr.オクレがメンバーに入っていたこと ...
続きを読む

御堂筋は恋の道~海原千里・万里

海原千里・万里 海原お浜・小浜に入門し、姉妹漫才コンビとして昭和46年(1971)結成。 流行りの歌謡曲などを中心として、替え歌や物真似などで人気になり、映画「トラック野郎」などにも出演、「銭形平次」 ...
続きを読む

タブー無視のショートコント~スネークマンショー

スネークマンショー 昭和50年(1975)メンズビギのファッションショーの音楽を委託された桑原が小林に依頼し、ウルフマン・ジャックのようなDJとオールディーズの構成にして好評を得ました。 この好評を受 ...
続きを読む

おさむちゃんで~す!~ザ・ぼんち

ザ・ぼんち 高校の同級生まさとコンビを組み、タイヘイトリオに師事。 1973年コンビ名を「ザ・ぼんち」としてデビューしました。 「やりまっせ!! 大阪漫才 東京なぐりこみ爆笑大会」(1978)で頭角を ...
続きを読む

コマネチ!~ツービート

ツービート 昭和47年(1972)結成。 B&Bの影響を受け、たけしが猛烈にしゃべり倒して、きよしがたまに突っ込む高速漫才のスタイルで台頭していきます。 『ヤングおー!おー!』(1969-82)や『T ...
続きを読む

大阪の舞台を支えた正統派漫才~オール阪神・巨人

オール阪神・巨人 昭和50年(1975)コンビ結成。 吉本新喜劇の岡八朗の弟子となり、正統派しゃべくり漫才としてデビューしますが当初は売れず、ウケるために長時間のネタ合わせをしているうちに大喧嘩になる ...
続きを読む

ホーホケキョ~西川のりお・上方よしお

西川のりお・上方よしお 昭和50年(1975)結成。 漫才ブームに乗って、過激な芸と のりおのガラガラ声で「ホーホケキョ」「ツクツクボーシ」などのギャグや調子はずれな歌で人気になり、『オレたちひょうき ...
続きを読む

落ちこぼれ同士のツッパリ漫才~島田紳助・松本竜介

島田紳助・松本竜介 昭和51年(1976)結成。 上岡龍太郎に「漫才の型をすべて教えるからそれ以外をやれ」と言われ、リーゼントにツナギという暴走族スタイルで、若い世代にだけ受けることを狙った「ツッパリ ...
続きを読む

どやさ!~今いくよ・くるよ

今いくよ・くるよ 昭和45年(1970)結成。 高校の同級生2人で島田洋之助・今喜多代に弟子入りし、うめだ花月に出演するも売れず、結成から10年後の1980年、吉本から「これでウケなければ最後」と言わ ...
続きを読む

コントもタップも~おぼん・こぼん

おぼん・こぼん 昭和40年(1965)高校の同級生で学生漫才として結成。 歌や踊り、タップダンスなども織り込んだ芸風で『お笑いスター誕生!!』ではコントで10週連続勝ち抜きグランプリを受賞(1980) ...
続きを読む

ものまね漫才~太平サブロー・シロー

太平サブロー・シロー レツゴー三匹門下で昭和51年(1976)に結成。 「ヤングおー!おー!」に出演したいために吉本興業への移籍を希望しますが、芸人の引き抜きは禁止されていたため、2人の気持ちを知って ...
続きを読む

アイドル系毒舌漫才~春やすこ・けいこ

春やすこ・けいこ 昭和51年(1976)結成。 漫才界のピンク・レディーと呼ばれたアイドル的な要素と、やすこが芸能人をこき下ろし、けいこがなだめる「毒舌漫才」で人気を集めました。 CMや映画出演もこな ...
続きを読む

田園調布に家が建つ~星セント・ルイス

星セント・ルイス 昭和46年(1971)結成。 晴乃ピーチク・パーチクに弟子入りしていましたが、解散のため、てんや・わんや門下となり、トリオ・ザ・パンチにいたセントとコンビを結成します。 長身のセント ...
続きを読む

一人芝居~イッセー尾形

イッセー尾形 ひとり芝居の第一人者として知られます。 1981年の『お笑いスター誕生!!』で金賞を獲得して人気になり、青島幸男が主演したドラマ『意地悪ばあさん』の早野巡査を好演して一気に知名度が向上し ...
続きを読む

ぶるぶるブリッ子~山田邦子

山田邦子 高校在学時から物真似で学校中に名前が知れ渡り、『TVジョッキー』『クイズ・ドレミファドン!』などの番組にも素人出演で話題になります。 『笑ってる場合ですよ!』の素人勝ち抜きコーナー「お笑い君 ...
続きを読む

笑いながら怒る人~竹中直人

竹中直人 大学在学中よりお笑いの素人コンテストに参加、俳優志望でしたが食べて行けず『ザ・テレビ演芸』のコンテストでチャンピオンとなりデビューします。 『東京イエローページ』『竹中直人の恋のバカンス』『 ...
続きを読む

ものまねの帝王~コロッケ

コロッケ 『お笑いスター誕生!!』(1980)で6週勝ち抜き銀賞獲得をきっかけにデビュー。 『ものまね王座決定戦』(1985)でものまねタレントの代名詞的な存在になります。 『ものまね珍坊』(1989 ...
続きを読む

なんてったってアイドル~ヒップアップ

ヒップアップ 昭和55年(1979)結成。 『THE MANZAI』に1981年頃から出演し、『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演。 淡谷のり子やアリスのものまね「なんてったってアイドル」、島崎の ...
続きを読む

いかにも一般大衆が喜びそうな~コントレオナルド

コントレオナルド 昭和55年(1979)にレオナルド熊が石倉三郎と『ラッキーパンチ』を結成しますが、ほどなく解散。 昭和56年(1980)に『コント・レオナルド』として活動を開始し、政治や時事問題を揶 ...
続きを読む

不条理コント~シティボーイズ

シティボーイズ 昭和55年(1979)結成。 1981年、『お笑いスター誕生!!』で社会風刺を中心としたコントで10週勝ち抜き。グランプリを獲得して知名度が上がりました。 以後、個々人それぞれにバラエ ...
続きを読む

オチのあるマジック~ナポレオンズ

ナポレオンズ 昭和52年(1977)結成。 主に小石がトークで盛り上げて植木がマジックを行うスタイルで「オチのあるマジック」で人気になります。 前面に穴の空いた大きな円筒をかぶり円筒を回すと同時に頭も ...
続きを読む

そんな奴おらへんやろう~大木こだま・ひびき

大木こだま・ひびき 昭和56年(1981)結成。 正統派しゃべくり漫才で、こだまのボケにひびきがツッコみ、こだまがツッコミに対して「そんな奴おらんやろ」などとつっこみ返す演出が斬新でした。 漫才は受け ...
続きを読む

マルハゲ~薄い~~ビジーフォー

ビジーフォー 昭和52年(1977)結成。 歌謡曲、オールディーズなど海外のヒット曲の替え歌を中心に、本格的なコーラスや演奏とものまねを披露。 替え歌で「デブ(ウガンダ)、ハゲ(モト冬樹)、若作り(島 ...
続きを読む

あ~りが~とさ~ん~コメディNO.1

コメディNO.1 昭和42年(1967)結成。 吉本新喜劇にいた「アホの坂田」坂田利夫と前田五郎のコンビでなんばグランド花月などの舞台中心に活動をしていました。 「あ~りが~とさ~ん」「ジョンジョロリ ...
続きを読む

お笑い第二世代の芸人をもっと見る

お笑い第一世代・演芸ブーム昭和中期~後期(1962-70)

お笑い第一世代の一覧はこちらから
東京オリンピック景気(1963-64)、いざなぎ景気(1966-70)など高度成長期、テレビの普及とともに広がった1960年代の演芸ブーム。

ダイラケ、いとこい、やすきよなど正統派しゃべくり漫才、浪曲・音曲漫才などとともに、『てなもんや三度笠』「松竹新喜劇」などクオリティの高い演劇、『8時だョ!全員集合』「吉本新喜劇」などの笑劇がお茶の間を賑わしました。

超高速女性上位漫才~ミスワカサ・島ひろし

ミスワカサ・島ひろし ミスワカサは、昭和16年に歌手としてデビューしますが、ミスワカナ・玉松一郎に見いだされ漫才の道に入り、劇団の役者だった島ひろしとコンビ結成。 ミスワカサの美しい声と、機関銃のよう ...
続きを読む

のっぽとちびの夫婦愛~島田洋之介・今喜多代

島田洋之介・今喜多代 大きな体でおっとりとした受け答えの洋之助と、小柄な喜多代の威勢のいいツッコミのコントラストで人気を集めました。 洋之介がセンターマイクを上げる、喜多代が下げるといった動きも笑いを ...
続きを読む

三波春夫でございます~レツゴー三匹

レツゴー三匹 「じゅんでーす」「長作でーす」「三波春夫でございます」バチッ!! 楽器を持たないトリオは、このレツゴー三匹が最初。 しゃべくりと大きなアクションは、その後のお笑い界に大きな影響を与えまし ...
続きを読む

ゲロゲ~ロ~青空球児・好児

青空球児・好児 ゲロゲ~ロ、ゲロゲ~ロ、ゲロゲ~ロ、ゲロゲ~ロ 昭和40年(1965)の結成。平成、令和と現役漫才コンビとしては最も古い芸歴です。 センターマイクを使わず、ステージを所狭しと動き回りな ...
続きを読む

ロマンスシリーズ~海原お浜・小浜

海原お浜・小浜 昭和55年(1979)結成。 小浜は4歳で旅芸人一座の子供座長デビューし、大正12年(1933)に叔母の小浜とコンビを組み「海原お浜・小浜」で漫才デビュー。 長らく地方巡業を行いますが ...
続きを読む

イタズラレジェンド~中田カウス・ボタン

中田カウス・ボタン昭和42年(1967)結成 バーでアルバイトしていたカウスと常連だったボタンで結成。この店に来店した中田ダイマル・ラケットに頼んで中田アップ・ダウンに弟子入りして吉本興行に所属します ...
続きを読む

浪速夫婦音曲~二葉由紀子・羽田たか志

二葉由紀子・羽田たか志昭和43年(1968)結成 二葉由紀子の父が九州一帯で芝居興行を行っており、由紀子は4歳で舞台に立ちます。 この劇団に入った羽田たか志と由紀子が結婚し、人生幸朗の紹介で吉本の舞台 ...
続きを読む

責任者出てこい!~人生幸朗・生恵幸子

人生幸朗・生恵幸子のぼやき漫才 「責任者出てこい!」で一世を風靡したぼやき漫才。 終戦後の1954年から1982年に幸朗が亡くなるまで活動していました。 「浜の真砂は尽きるとも、世にぼやきの種はつきま ...
続きを読む

爆笑王ダイラケ~中田ダイマル・ラケット

中田ダイマル・中田ラケット 漫才の内容、テンポ、間、どれをとっても他の追随を許さないおもしろさで、昭和16年(1941)の結成以来、本格的なしゃべくり漫才でテレビの黎明期を支えました。 「青火がパァ~ ...
続きを読む

アーイーヤー!~暁伸・ミスハワイ

暁伸・ミスハワイ 暁伸のギターと歌がメインの浪曲夫婦漫才コンビなのですが、ミスハワイの甲高い「アーイーヤー!」の合いの手がトレードマーク。 暁伸と聞いてもピンと来なくても、ミスハワイと言えば「アーイー ...
続きを読む

怒るでしかし!~横山やすし・西川きよし

横山やすし・西川きよし 昭和41年(1966)のコンビ結成以来、強烈な個性と絶妙な間で漫才界の頂点に君臨したやすきよ。 1960年代の演芸ブームの立役者として、また1980年年代の漫才ブームのリーダー ...
続きを読む

上方漫才の宝~夢路いとし・喜味こいし

夢路いとし・喜味こいし 旅回りの劇団に所属する両親の間に生まれた兄弟が、昭和12年(1937)にコンビを結成。 平成15年(2003)に兄いとしの死去により解散するまで、実に66年にわたって漫才の歴史 ...
続きを読む

なんでこんなに上手いんやろ~宮川左近ショー

宮川左近ショー 「まいどぉ~~皆様お馴染みの お聞きくださる一節は 流れも清き宮川の 水に漂う左近ショー」 で始まる宮川左近ショー。 左近の鍛え上げられた声、一夫の聞こえないギター、三味線の照夫が速弾 ...
続きを読む

73年間の現役~ミヤコ蝶々・南都雄二

ミヤコ蝶々・南都雄二 昭和2年(1927)「都家蝶々一座」の座長として7歳で初舞台を踏んだミヤコ蝶々。 昭和30(1955)年から朝日放送「夫婦善哉」の司会者として人気を博します。 以降、道頓堀の中座 ...
続きを読む

エロガッパに大口女~京唄子・鳳啓助

京唄子・鳳啓助 昭和31(1956)年頃に夫婦コンビ結成、離婚後もコンビで活躍しました。 「ボテチン」「え、鳳啓助でございます」などとぼけた味の啓助と、「大口女」「エロガッパ」とやりあう二人が楽しい高 ...
続きを読む

お~ま~え~は~あ~ほ~か~横山ホットブラザーズ

横山ホットブラザーズ 「とかくこの世は朗らかに 笑う門には福来たる 歌う門にも又福来たる 歌って笑ってホットブラザーズ」 音曲漫才、音楽ショーを守る数少ないグループです。 結成は戦前の昭和11年(19 ...
続きを読む

早逝の天才~若井はんじ・けんじ

若井はんじ・けんじ 早いテンポのやりとりと、「頭の先までピーコピコ」「ごめ~んね」などのギャグが流行語となりました。 MBSテレビ『ダイビングクイズ』の司会(1964年~1973年)を務めたことで人気 ...
続きを読む

会いたかったよぉ~上方柳次・上方柳太

上方柳次・上方柳太 昭和57年(1957)にコンビを結成し、「会いたかったよぉ~!」「まかせなさ~い!」などのギャグや、ボケ役のデボチン柳太とツッコミ役の二枚目柳次の個性とコントラストが多くのファンに ...
続きを読む

気ぃ使いまっせぇ~平和ラッパ・日佐丸

平和ラッパ・日佐丸 「先祖代々過去帳一切のアホ」という触れ込みで売り出した「アホ役」ラッパ。 おかっぱ頭にダブダブの背広、出っ歯がトレードマークでした。 藤山寛美や坂田利夫、大村崑も「アホ役」で売り出 ...
続きを読む

吉本新喜劇の二大巨星~花紀京・岡八郎

花紀京・岡八郎 エンタツの息子、という重圧をもろともせず、1962年から1969年にかけて吉本新喜劇の座長として黄金時代を築き上げた花紀京。 花菱アチャコの弟子で、同じく吉本新喜劇の座長を1966年か ...
続きを読む

漫才を世に広めた立役者~秋田Aスケ・Bスケ

秋田Aスケ・Bスケ みやこ蝶々・南都雄二、ミスワカサ・島ひろし 、夢路いとし・喜味こいしとともに、秋田實の漫才道場の第一期研修生になり、昭和13年にコンビを結成。正統しゃべくり漫才で人気を博しました。 ...
続きを読む

うちら陽気なかしまし娘~かしまし娘

かしまし娘 「ウチら陽気なかしまし娘 誰が言ったか知らないが 女三人寄ったら 姦しいとは愉快だね。ベリーグッド ベリーグッド お笑い お喋り ミュージック 明るく歌って ナイトアンドデイ ピーチクパー ...
続きを読む

ピッピッピーヨコちゃん~獅子てんや・瀬戸わんや

獅子てんや・瀬戸わんや 昭和27年(1952)に、警察官と役人から漫才に転向してコンビとなり、瀬戸内地方を舞台にした獅子文六のベストセラー『てんやわんや』にちなんで名付けたといいます。 TBS『家族そ ...
続きを読む

生き続ける化石~内海桂子・好江

内海桂子・好江 戦後間もない昭和25年(1950年)から平成9年(1997)まで、実に半世紀にわたる音曲漫才コンビ、内海桂子・好江。 葉に衣を着せぬ江戸っ子らしい啖呵でファンに愛されました。 桂子は幼 ...
続きを読む

パンパカパ~ン!今週のハイライト~漫画トリオ

漫画トリオ 昭和35年(1960)にグループ結成。 「パンパカパ~ン パパパ パンパカパ~ン 今週のハイライト」 から始まる時事ネタで一世を風靡し、ノックのタコ踊りとともに子供たちも真似をする人気ぶり ...
続きを読む

あたり前田のクラッカー~てなもんや三度笠

てなもんや三度笠 最高視聴率64.8%と、お笑いコメディ番組としては歴代最高記録を樹立した人気番組で、現在もこの記録は破られていません。 時次郎と珍念が旅道中でさまざまな事件に遭遇し、歌と笑いの中で事 ...
続きを読む

夫婦どつき漫才~正司敏江・玲児

正司敏江・玲児 昭和41年(1966)にコンビ結成。 かしまし娘の正司歌江門下にいた敏江と玲児。 玲児が敏江と交際していたことが発覚し、歌江から破門を言い渡されます。 玲児は"正司"を名乗れず、コンビ ...
続きを読む

あ~あぁ~やんなっちゃった~牧伸二

牧伸二 「あ~あぁ~やんなっちゃった あ~あぁ~驚いた」 ウクレレ漫談の創始者で、ハワイアンをアレンジして世相を批判した「やんなっちゃった節」は、今でも記憶に残っています。 無名時代に美空ひばりの地方 ...
続きを読む

イロイロあらあな~東京ぼん太

東京ぼん太 唐草模様の風呂敷包みを背負い、栃木弁の愛嬌のあるしゃべりと「夢もチボーもないね」「イロイロあらあな」などのギャグで人気になりました。 そうそう、こんな感じでした。 昭和51年(1976)に ...
続きを読む

ダメだねぇ~、ケンブリッジも~リーガル天才・秀才

リーガル天才・秀才 昭和27年(1952)コンビ結成 放送業界の芸人軽視を不満としてテレビ・ラジオの出演を拒否して寄席に専念していたため、さほど知名度は上がりませんでしたが、鋭い社会批評と「ダメだねぇ ...
続きを読む

お笑い第一世代の芸人をもっと見る

明治・大正・昭和30年代まで

漫才の黎明期に活躍した芸人たち。
戦前・戦後の混乱、復興期の時期を笑いで包んだ漫才や音曲。
現代のお笑いの礎となったエンタツ・アチャコ、ミスワカナ、砂川捨丸、桜川末子、都家文雄・静代など、貴重な映像、音声をどうぞ。

投稿が見つかりませんでした。

お笑い・漫才の原点(古典芸能・門付け芸能)

最後の萬歳師~村田清光・中川晃

萬歳とは 新年に、才蔵の打つ鼓に合わせて太夫が舞いながらその家の繁栄を祈り、縁起のよい言葉を歌と踊りで披露する、新年を言祝ぐ(ことほぐ)舞踊芸です。 才蔵は現在でいうボケ役、太夫はツッコミ役で軽妙な笑 ...
続きを読む

いつもより余計に回っております~海老一染之助・染太郎

海老一染之助・染太郎 正月番組で必ず目にした、口に咥えた扇子の上に土瓶を載せてくるくる回したり、傘の上で鞠や枡を回す芸。 染太郎の話術と染之助の曲芸で、「おめでとうございま~す」「ありがとうごさいま~ ...
続きを読む

『祈り』最後の瞽女~小林ハル

小林ハル 明治41年(1908)、8歳で瞽女として巡業に出て以来、昭和48年(1973)に廃業するまで実に65年間にわたり、新潟、山形、福島などを巡業して廻りました。 瞽女唄は保存会などで現在も残って ...
続きを読む


MENU