なんでそうなるの!~コント55号

コント55号

昭和41年(1966)結成。
「なんでそうなるの!」(萩本)「飛びます!飛びます!」(坂上)などのギャグとともに舞台狭しと飛び回る体当たりコントは目新しく、大人気となりました。

「お昼のゴールデンショー」(1968)、「コント55号の世界は笑う」(1968-1970)「コント55号の裏番組をぶっとばせ!」(1969-1970)などゴールデンタイムの看板番組に出演。

「裏番組をぶっとばせ」では、じゃんけんで負けると服を脱ぎ、その服をオークション形式で会場の観客に販売する『野球拳』のコーナーがあり、当時人気アイドルだった山本リンダや、お色気路線で売り出していたちあきなおみなどの女性ゲストがブラジャーとパンティだけになってギブアップする姿が話題を呼びました。

私の記憶では、バスタオル1枚で体を隠し、ブラジャーとパンティも脱いでしまうシーンもあったように思います。なお、この番組はPTAや主婦連から「低俗番組」と大批判を受け、1年で終了しています。

以降、コンビの人気は凋落し、単独での活動が多くなっていきます。

萩本欽一は、『スター誕生!』『欽ちゃんのドンとやってみよう!』『オールスター家族対抗歌合戦』『欽ドン!良い子悪い子普通の子』『欽ちゃんのどこまでやるの!』『欽ちゃんの週刊欽曜日』『ぴったし カン・カン』『オールスター家族対抗歌合戦』など視聴率30%~40%台の人気番組で、押しも押されもしないビッグスターとなりました。
また番組から小堺一機、関根勤、斉藤清六、松居直美、勝俣州和など「欽ちゃんファミリー」呼ばれる多数のタレントを排出しています。

坂上二郎は、ドラマ『夜明けの刑事』(1976)での主演をはじめ、歌手として『学校の先生』(1974)は約30万枚を売り上げるヒットとなり、以降も俳優・歌手として活動を続けていました。

データ

萩本欽一 昭和16年(1941)~
坂上二郎 昭和9年(1934)~平成23年(2011)76歳

変な時計屋さん・ビールまつり~コント55号


かなり古いものです。
二人とも若い!

コント55号!裏番組をブッ飛ばせ!!~コント55号・篠ひろ子

電報屋~コント55号

愛情のこもったスープ~コント55号

コント55号

コント55号

コント55号

コント55号

コント55号

コント55号

コント55号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です