漫才を世に広めた立役者~秋田Aスケ・Bスケ

秋田Aスケ・Bスケ

みやこ蝶々・南都雄二ミスワカサ・島ひろし夢路いとし・喜味こいしとともに、秋田實の漫才道場の第一期研修生になり、昭和13年にコンビを結成。正統しゃべくり漫才で人気を博しました。

戦時中は英文字の使用を禁止され「英助・美助」の表記に。

戦後、二代目Bスケの猿の物真似で人気が爆発し、テレビにも多く登場しました。

19990年代に入ると、高齢のためにテレビなどでの活動をしなくなりましたが、平成28年にBスケが亡くなる直前まで老人ホームなどで漫才を披露していました。

データ

秋田Aスケ(あきた えーすけ)大正11年(1922)~平成27年(2015)享年94
秋田Bスケ(あきた びーすけ)昭和2年(1927)~平成28年(2016)享年90

僕の結婚~秋田Aスケ・Bスケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です