たたかれて鼓とともに70年~砂川捨丸・中村春代

砂川捨丸・中村春代

張り扇相手に漫才一筋。
明治・大正・昭和の上方漫才史を生きた「漫才の骨董品」。

捨丸は、兄が江州音頭の音頭とりをしていたため、10歳の頃から舞台に上がっていました。

それまでコンビを組んでいた高橋笑子(その風貌から”ライオン”と言われた)が、滞在中のホテルでヤクザに射殺され、大正12年、失意の捨丸が神戸に乗り込んだ時に相方となったのが、初代ミス神戸に選ばれた美人で女性漫才師の中村種春に師事していた春代でした。

太夫・才蔵の門付け萬歳を踏襲して、鼓を持って紋付きを着た捨丸と、ハリセンを持った春代の着物姿が定着しました。

「おにぎやかに数え唄でもまいりましょうか」と始まる舞台は、昭和46年に捨丸が急死する前日まで50年に渡って続きました。

データ

砂川捨丸(スナガワ ステマル)明治23年(1890)~昭和46年(1971)享年81
中村春代(ナカムラ ハルヨ)明治30年(1897)~昭和50年(1975)享年78

漫画「じゃりン子チエ」の竹本テツの少年院時代の所長「捨丸」のモデル。

月形半平太~砂川捨丸・中村春代

舞台挨拶~砂川捨丸・中村春代

カツロー写真~砂川捨丸・中村春代

混線歌問答~砂川捨丸・中村春代

金色夜叉~砂川捨丸・中村春代

満州建国五段返し~砂川捨丸・中村春代

大阪舌栗毛~砂川捨丸・中村春代

干支萬歳~砂川捨丸・中村春代

此世の説教~砂川捨丸・中村春代

今昔数え唄~砂川捨丸・中村春代

太夫の穴~砂川捨丸・中村春代

即席問答~砂川捨丸・中村春代

不如帰~砂川捨丸・中村春代

捨丸小原節・スットントン節・喇叭甚句・カリカリ節・唄返し・東雲くづし・米山甚句・どんどん節~砂川捨丸・中村春代

たたかれて鼓とともに70年~砂川捨丸・中村春代” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です