怒るでしかし!~横山やすし・西川きよし

横山やすし・西川きよし

昭和41年(1966)のコンビ結成以来、強烈な個性と絶妙な間で漫才界の頂点に君臨したやすきよ。

1960年代の演芸ブームの立役者として、また1980年年代の漫才ブームのリーダーとして活躍していました。

伝説となったやっさんの破天荒な生き方そのままのようなボケを、きよっさんが受け止めながら、瞬時にボケツッコミを入れ替える変幻自在な芸風は斬新で、以降の若手にも大きな影響を与えています。

1986年にきよしが参議院に当選したことから活動は休止状態になり、一方、やっさんは不祥事をくり返して1989年に吉本を契約解除され、やすきよは事実上解散。
1996年やっさんは肝硬変のため急死しています。

データ

横山やすし(よこやまやすし) 昭和19年(1944)~平成8年(1996) 享年52
西川きよし(にしかわきよし) 昭和21年(1946)~

(1981)~横山やすし・西川きよし

45分一本勝負(1982)~横山やすし・西川きよし

(1984)横山やすし・西川きよし

里帰り~横山やすし・西川きよし

やすきよ漫才13編

怒るでしかし!~横山やすし・西川きよし” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です